blog index

隙間のモーツァルト

こちらは西野あきらが運営するモーツァルトファンサイトです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
おめでとーございます
お誕生日おめでとう!!

…気づいたら最後の記事が一年前でしたとかそんな馬鹿な。
あわてて記事書こうとしたらログインできずに焦ったとかそんな馬鹿な。

…生きてます、生きてます〜。あと、本当に今年こそはウィーンでの最後の二日間を書いてしまいたい。旅行記書き終わるまでが旅行ですってあんた何年旅行に行ったまま?

この円高を利用して再びヨーロッパに行きたいですが、不況なので私の懐も寒いのでした。ご〜ん。
せめて演奏会に行きたい…田舎に住んでいるとなかなか近くにこないので、ちょっと遠くに足を延ばそうかなぁ。

最近、紛失したと思っていたアイネクライネのCDが見つかったので、うはうは聴きました。一緒に入っているディベルティメントは今のところの一番のお気に入りなのですが、一番最初に聴いたCDだからじゃないかという疑念がぬぐえません。でも好き!アイネ(略)も結構好きです。
ベルリン弦楽合奏団演奏で、録音は1974年。さすがの私も生まれてません。
あ〜ん、でもやっぱり生で聴きたいなぁ。

何はともあれ、モーツァルト生誕253周年はちゃんと旅行記終わらせたいと思います。前々から言っているので自分で言ってて説得力がなさすぎますが。
…覚えているか甚だ不安です…
| 西野あきら | - | 21:55 | comments(0) | - |
寒い…
JUGEMテーマ:日記・一般


なんだかもう、すっかり何のブログかわからなくなっている西野です。

今年に入ってから、妙に体調が悪いんですよね。寄る年波には勝てないと言いますが本当です。年齢を重ねるごとに体力がなくなっています。
あと、部屋の暖房が壊れたのも問題かと。エアコンだけに頼り切っていたのですが、夏に冷房の調子が悪いな〜と思っていたのが今!って感じです。こんな汚い部屋では修理も呼べません。片付けろよ。
さすがに反省して、今日は部屋の片づけをちょっとだけしました。しかし片付けたというか、端っこに避けただけともいう。ダメすぎる。誰か素敵な片付け方法を教えてください。片付け出来ない子なんです…物が捨てられないとも言います。

まあいいや。ちょっとこのブログの趣旨にあっている話を。

このところ、体調が悪いので、「原因は寒さか?」ということにして(だって年齢のせいにしたら解決策がないから)まったり風呂に入ってみることにしました。
そこで、先日、前々からやってみたかった「モーツァルト聴きながら風呂に入る」を実践。いや、なんかこう、ゴージャスな感じがするし、聴いているとまったりしそうだし、モーツァルトの曲で血行が良くなるとかいうじゃないですか。曲によるけど。
で、どの曲がいいのかはよくわからなかったので、適当にピアノ協奏曲を手に風呂へ。
クララちゃん(ハスキルのことです)の23番でした。
結論。
浴槽に入っている時以外はよく聴こえません。
…そのまんまじゃん!
え〜と、でも音楽聴きながらゆっくりつかるのはとっても気持ちよかったです。気づけば30分くらいつかってました。というか、いつまでもつかっていたくなるので大変危険です。皆さん、もしやってみる方は時間決めて音楽が切れるようにすることをお勧めします。本当に気持ちいいのでいつまでもやってしまいます。
あと、何故かとってもお腹がすきました。うう、太るよぅ…。
でも、夜もゆっくり眠れるし、湯船の中でマッサージしたりするのもいい感じですよ。
今度は別の曲でまたやってみようと思います。次は17番とかかなぁ。

うわ、書き忘れてた!
モーツァルト生誕252周年おめでとう!
| 西野あきら | - | 19:00 | comments(0) | - |
のんびりしすぎだろ!!
なんか…気づいたらもう年の瀬なんですけど…!!
おおお恐ろしい!前回梅雨じゃないですか!!正直ドン引きです。

とはいうものの、今年はなんだかいろいろ忙しかったので、半年が一瞬で過ぎ去った気分です。でも、大きな楽しみとかもなかったので微妙な一年でした。ってもう今年のまとめに入ろうとしているよやばい。

もう去年のことになってしまっているモーツァルト旅行記、今年中には絶対終わらないので(あとウィーンの二日間を残すのみですけど)終わらせるとかはいいませんが、できれば一回くらいは更新したいです。

とりあえず、生きてます。
| 西野あきら | - | 21:38 | comments(0) | - |
雨の日にパガニーニはいかん。
お久しぶりです。もう梅雨の時期ですね。カビてもなければ腐ってもおりません。西野です。
ここのところ、プライベートでちょっと忙しかったのですが、それが終わって暇になり、ぶっちゃけ燃え尽き症候群状態でこの週末は部屋に引きこもっていました。5月6月はモーツァルトとも疎遠で、このブログどうすんだとか思いつつも聴きたくない時に聴くようなもったいない真似もできないので完全放置でした。
で、昨日土曜日はお茶の稽古で一応家を出たものの、今日は家から一歩も出ていません。いつもなら朝の散歩があるのに、今朝は愛犬に「断る!」という態度を取られ、しかも雨。何ヶ月もサボっている美容院を今日もサボり、部屋から出ない生活をしています。
しかし、夕方になりなんとか「あ〜…明日からまた仕事じゃん。復活しなきゃ」と思い立ち、CDをがさごそあさってみていたのです。

で、今日白羽の矢があたったのはこちら。

超パガニーニ・トリビュート(CCCD)

パガニーニと言いつつパガニーニを主題にした曲ってことなのですが、ダメだこれ。
ダメといってもこのCD、私のお気に入りなので演奏がダメとかではなく、引きこもりから脱出するのには全く不適切であるという意味です。でなければわざわざリンク張らないので間違いないです。
元々、初めてこのCD聴いた時、最初の一曲で酸欠起こしそうになった身としては、ショック療法で目が覚めるんじゃね?という予定だったのですが、目が覚めるどころか気分が悪く…なってます…。
雨の日、暗い部屋で引きこもりしている時以外に、是非聴いてください。一番好きなのは一曲目のラ・カンパネッラです。某フジコさん(わかりやすいよ)の演奏よりこっちの方が好みというかよりリストって感じがして好きです。彼女のは透明感がありすぎて、ちょっと私のリストとイメージが違う感じです。我が友人の名言「ショパンがリスト弾いてるみたい」と「鐘が水晶でできている」は言いえて妙。生で聴いたことないのですけどね。
あ、運転中も聴くのやめた方がいいと思います。危険!

今日のような雨の日は、チャイコフスキーがいい。
そんな気分で「四季」聴いてます。
世の中では、雨降り、引きこもりの週末に一体どんな曲が好まれるんでしょう?

では、次こそモーツアーの続きを更新したいと思います。もう一年すぎちゃったので、のんびり行こうと思います。
| 西野あきら | - | 18:14 | comments(0) | - |
モーツァルトツアーその10
わお、明日はモーツァルトの誕生日ではないですか!(すみません、この記事書き始めたときはそうだったのです…)
い、一年すぎちゃったよ…どうしましょう。そういえば、去年の今頃はもう日本を離れていたんですよね。なのに今年は、生誕記念日まで仕事…死んでしまう!!

まあいいや、遅くなりましたが続きです。これ、読んでくれている人いるんでしょうか?
いらっしゃったら、いつもありがとうございます。こんな遅い更新なのに。

さて、チョコレート作りを終えてホテルに戻った我々ですが、ディナーコンサートまで少し時間があったので、ちょっとだけ散歩することにしました。しかし、チキンな二人組みっぽく、そんなに遠くまでは行かないことに。時間に遅れるのは嫌だ!
わりと暗くなっている道をさくさく歩いて行きます。ホテルからまっすぐ歩いて、とりあえずモーツァルトの家(生家ではない方)まで。当然ながら閉まっていたので、ちぇ〜と言いつつ引き換えしました。何しに行ったんだ…(散歩です)
散歩から戻ると、ディナーコンサートへ向かいます。確か、バスで向かった…(記憶が曖昧)
場所は、旧市街です。ああああ、すいません…!!もう、記憶が!!アホだ!
確か、モーツァルト広場の奥…Sさ〜ん!どこだっけ!?と聞きたい。
内容は、食事→演奏→食事→演奏っていう感じでした。想像では、食事しつつ演奏聞くんだと思っていたのですが。
食事の味は普通でした。あんまりインパクトに残ってないなぁ。いや、決して私の記憶力のせいではなく!!(説得力ないですが)
でも、見た目はなかなか素敵でした。デザートこんな感じです。

わかりますでしょうか?モーツァルトの横顔が。芸が細かい!
そして、肝心の演奏なのですが。
…ごめんなさい、眠くて…
ダメじゃん!私何しに行ったの!?と叫びたくなりました。あ、でも大体起きてたんですよ?ほぼ聴きました。よかったです。
ただ、時々記憶が…。旅行中、よく考えたら普段より睡眠時間が短いんですよね。その上常時ハイ。いつもは日がな一日座っているような仕事なのに歩き回っているし、そりゃ疲れます。いくら夜泥のように眠っていても。
そうとう反省したのですが、この「眠気」は旅行終了まで延々私に付きまとったのでした。うう、夜更かしの習慣つけてから旅行に行けばよかった…
しかし、これだけ眠かったにも関わらず、私と友人Sさんは、翌朝更なる目的を持って早起きするのでした。
続きは次回!
こすく「今月中」という目標を守ってみました…
| 西野あきら | - | 22:10 | comments(0) | - |
いとやばし。
…何か忘れていると思ったら、このブログを…すっかり忘れていました…!!
ぎゃ〜!!

3月に台湾旅行に行くということが決まっていたので、2月は相当頑張って仕事したりあれやらこれやらばたばた慌しかったのですが、別にブログの存在を忘れたりはしてなかったのです。
しかし、土日月火と旅行、水曜から金曜仕事、そして土日は東京へ遊びに行ったりして、今月はめっちゃハードに遊んでいたのですよ。で、その予定を全て終わらせたら…

すっかり気が抜けてました。今日なんか顔も洗ってないし勿論すっぴんです。おいおい…今から出かけるというのに…。のんきにブログに言い訳を書きつつヨーグルト食べている場合じゃないんじゃなかろうか。顔を洗えよ。
でも、世間には「朝は顔を洗わない」という派閥のレディが結構いるらしいので(不精しているんじゃなくて乾燥するからですけどね)もうこのままでもいいかなぁ…髪がぼさぼさなのだけでも治さないとダメかなぁ…社会の害になってしまう。バレッタで適当な場所を止めておこう、うん。(全然治してない!)

こんなダメ人間ですが、モーツアーの続きは地味に書いています。今月こそアップする!ちょっとだけでも!ていうかもう一年たったのに、いつ書き終わるんだ…
| 西野あきら | - | 10:40 | comments(0) | - |
おめでとうございます。
最近疲れのあまりぐったりして、今日ももう寝ようかな〜と思ったところで気づきました。

…ブログ更新してない!!

お誕生日なのに!!

疲れとか言ってる場合じゃないのであわてて更新です。
お誕生日を忘れていたわけでは全くありません。当たり前。一月に入ってからこっち、彼のことを忘れた瞬間など一秒もないよ!

とはいえ、今これといって書くことが思いつかない…(本当に慌てて書いてます)
最近聞いているモーツァルトの音楽について。

このところ、疲れMAXでカラムーチョ食べているつもりでピザポテトを食べたり(しかも食べ終わってゴミを捨てるまで気づかなかった!)なんだか色々限界で、モーツァルトの中でも軽いものを選ぼうと、弦楽四重奏を聴いてます。…軽い?
弦楽四重奏だと軽い感じがしませんが、ディベルティメントを主に聴いていますので、軽いで正解かと。
今私の中で一番のディベルティメントはk.136です。前々から「いつか空が飛べそう」と思う曲なんですよね、一楽章が!こんな優雅な曲なのに…
でも、これ作った時のモーツァルトの年齢を考えるとちょっと納得。確か16歳です(記憶だけなので間違えてたらすみません)。そりゃ、飛びそうな曲作りますよね!
作った時期も、彼の誕生日あたり(1〜3月くらいだったと思います)ですし、若さはちきれんばかりのこの曲が私は大好きです。

それにしても、16歳って…。驚きますよね。

おお、日付が変わる前にアップしないと意味がないので、今日はこのあたりで終わりにしようと思います。
ディベルティメントについてはまた今度書きたいです。その前に旅行記を…ついに一年すぎてしまいました。が〜ん…
| 西野あきら | - | 23:47 | comments(0) | - |
あけました、おめでとうございました
…なんか気づいたら2日になっているんですけど。
師走はまさに一瞬で過ぎ去りました。一度たりともブログ更新していなくて今驚いたところです。え、うそ…!?すみません、死んでいません。ちょっと休みが少なかったので体力回復につとめるばかりでした。1月も更新できないかも…2月もちょっと危険かも…という不安がありますが、毎日1行ずつでも書いてどうにか1度くらいは更新したいです。ていうか旅行記が1年かけても終わってないってどういうことだよ!が〜ん。

ところで皆様はどのような年越しをなさったでしょう?私は毎年恒例で、母と紅白見てまったりし、0時を越えたところで新年の挨拶をして寝ました。
モーツァルトイヤーの最後だったせいか、NHKで年越しジュピターやってたのは録画しておきました。どなたかリアルタイムで見た方いらっしゃるのでしょうか。ちょっと羨ましい。私、録画が途中でちょっと切れちゃって(ホルン協奏曲1楽章の最後の方で!)死ぬほど慌てました。好きなのに〜!
まだ見ていないのですが、ちょっとずつ見て癒されようと思います。
それでは、よろしければ今年もよろしくお願いします。
| 西野あきら | - | 00:44 | comments(0) | - |
モーツァルトツアーその9
…おひさしぶりです…
うう…せっかく書いた文章、消しちゃいました…か、哀しい…

…気を取り直して、久々の旅行記を書きたいと思います。

ランチを食べ終わった私たちは、次の目的地であるザンクトギルゲンに向かうべくバスに乗り込みました。山を越えたり湖を見下ろしたりと、車窓の景色はとっても美しかったです。
到着すると、さっそくモーツァルト像がお出迎え。小さなモーツァルトがヴァイオリンを弾いているという、結構有名な像です。想像よりも小さかった。
しかし、何気にモーツァルトはこの町を訪れたことはないのですよね。母の故郷ではあるけれど、彼自身は生涯足を踏み入れることはなかったのです。そういう意味ではあまりモーツァルトと関係のない土地なのですが、ここに我々がやってきた目的は他にあるのでした。

「大人の社会見学:オリジナルモーツァルトチョコレート作り体験」

これが、この町に訪れた目的なのです!
ぶっちゃけこれがあるからこのツアーを選んだといっても過言ではない!!
お店を訪れると、明るくて恰幅のいいおじさんがお出迎え。店長さんです。そして早速エプロンと帽子を装備して、いざチョコレート作り!

時間の都合上、作るといってももう材料は全て準備されていて、私たちがすることは、形を整えてチョココーティングするだけだったのですが、これがなかなか楽しいのです。
まず、一番真ん中部分を準備します。こねこね〜と棒状にして…

大変いい笑顔です。楽しくって。
そして、それを等分に切る機材にいれて、ころころ〜っとすると…

超真剣!これがなかなか難しくて…
見えるでしょうか?腕の下に緑の丸い物体があると思いますが、それが完成形です。
それを、更に茶色のマジパンでくるみ、チョコレートをコーティングします。
固まったら最後に自分で包んで出来上がり!完成です。

…いびつです。もともと不器用なので…でも味は大丈夫!(自分でやってないから)
チョコレート作りが終わると、お茶とケーキを出してくれるのですが…

またチョコレートケーキ!

大変美味しかったのでお土産に購入することにした私ですが、同じツアーに参加なさった方たちは「さすがにもうチョコレートはいい」とおっしゃって食べない方も。そして、甘いもの大好きな私にくれたりしたのでした…
いらね〜!!!
と叫ぶのもあれなのでもらいましたが、いや、さすがにしばらくチョコレートケーキはいいよ…とさすがに思いましたね。ヨーロッパはチョコレートケーキまみれなの?うう…。寒い地域だからかやたらと甘いので、沢山食べるには不向きです。そういえば、チェコで食べたチョコレートケーキは人生で初めてケーキを食べ切れないという貴重な体験をさせてもらったものでもありました。甘くて食べ切れないなんて本当に初めてだった!
そんなこんなで楽しいチョコ作り体験は終了。ザルツブルクに帰ります。
夜はコンサートディナーが待っているのですよ。

というところで今回はここまで。
モーツァルトの誕生日までには書き終わりたいな…
| 西野あきら | - | 20:35 | comments(0) | - |
見てました。
お久しぶりです。なんか最近全然ブログを書いてない…!ツアーから一年たってしまうのに書き終わらなかったらどうしょうと心配な旅行記もあります。
それはともかく、今日は某局でやってたモーツァルト特番を見ていました。今見終わったところです。
ここしばらく、故あってモーツァルトの音楽を全く聴いていなかったのですが、久々にこの番組で聴いたら涙が出そうでした。やっぱりモーツァルトから離れるなんてできない!いや、別に離れる必要全くないんですが。一日24時間しかないのに9時間も会社に奪われていたら音楽を聴く暇がないじゃないか!と叫びたい。 
で、番組の感想ですが。
…今ひとつ?内容はだいたい知っていることばかりだったし、テーマもあんまりはっきりしない感じ。モーツァルトの天才を科学するのも中途半端に終わっているし、人生を追うのもさらさら流しているだけっぽい。最後の結論も出演者の感想だけってどうよ?それなら科学的に解析なんかしないで、もっと彼の手紙とか紹介して彼の思想なんかに触れたほうがよかったんじゃない?という感じでした。もういっそ、2時間演奏していればよかったのに!(番組違います)
それにしても、これは世間のニーズに合わせた結果かもしれないのですが、モーツァルトの才能の派手な部分ばっかり取り上げられて、彼の物凄い努力なんかはスルーされている感じが微妙でした。いやまあ、派手にした方が一般受けするよね〜っていうのはわかるんだけど…。私に番組作らせろ!と叫びそうでしたが、多分私が企画したらマニア受けしすぎて没です(笑)
それにしても、もうちょっと世間に知れ渡ってなさそうな事実をやって欲しい。彼の楽譜、書き直しがほとんどないのは事実だけど、ページまるごと差し替えたりして苦労して作ってた部分だっていっぱいあるんだよ!とかそういうことも言ってやってください。
結論としては、前にやってたビートたけしがやってたモーツァルトの特番の方がよかったなぁ。今回の番組でよかったところは、音楽脳についてと、あと…二つ目が浮かばない…。あ、内田光子さんのインタビューはよかったと思います。個人的に内田さん好きなので。ちょろっとピアノの音が聞こえた瞬間「内田さんだ!」ってわかった自分にちょっとびっくりしました(笑)そこまで好きではない予定なんですけど。
そういえば、先日不思議発見もモーツァルトだったそうで、私見逃しているんですよね…。友達がビデオ撮ったそうなので、今度借りて見ようと思います。
モーツァルトイヤーもあとちょっとで終わってしまうので、どこかで私に「素晴らしい!」と叫ばせるような特番を作って欲しいです。
見てみたい特番。
.癲璽張.襯箸魏奮愿に徹底分析。
▲癲璽張.襯箸凌誉犬鯏按貶析。
モーツァルトの音楽を徹底分析。
って分析ばっかりか!!
,砲弔い討蓮▲癲璽張.襯伴身を分析してほしい。今回の音楽脳みたいな感じでその身体的な差を解明してみたり、彼の手紙から人物像を探ってみたりしてほしい。
△蓮∧析っていうかもっと詳しい彼の人生番組みたいな感じでお願いしたい。作曲する時は午前中一人ベッドの中でしたみたいな話をお願いしたい。
になるとちょっとマニアックかもしれませんが、今流行の癒しについての観点からモーツァルトの音楽を分析したりすれば結構世間にもうけるんじゃないですか?
ポイントは、テーマをはっきりさせて、それについてそれなりの結論を出す番組を作って欲しいということですかね。
ここまで書いておいてなんですが、私の要求はやっぱりマニアックだと思います。モーツァルトのことを知らない人には、徹底分析した番組ってとっつきにくいですよね。う〜ん、自分がオタクであることを再認識してしまいました。ごめんね、文句言って。

では、次の更新こそはモーツァルトツアーの旅行記にしたいと思います。今回はTVを見た勢いで書きました。
| 西野あきら | - | 23:29 | comments(0) | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

bolg index このページの先頭へ