blog index

隙間のモーツァルト

こちらは西野あきらが運営するモーツァルトファンサイトです。
<< モーツァルトツアーその7 | main | モーツァルトツアーその8 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
不足しています。
何がってモーツァルトが。
このところ、ほとんどモーツァルトを聴いてなかったので、久々に体調を崩しています。頭痛がとれない!!
ストレスで一杯だったので、これはもうモーツァルトじゃダメなんじゃないかと思ってちょっと毛色の違ったCD聴いてたのですが(そしてそれはそれでいいストレス解消になっていた)やっぱりモーツァルトが不足するのはよくない!
そんな訳で、てっとり早くモーツァルトを補給するため、手近にあったCDをぶちこんで聴いています。



物凄く手っ取り早い。もう何もかも入っている感じがよろしいと思います。
今は歌曲気分なので、「恋とはどんなものかしら」をエンドレス。前にも書きましたが、好きなんです。相変わらず、夜の散歩中、川辺で歌いまくりです。
ちょっと愚痴を書きます。読む人を不快にさせるかもなので反転。
しかしこう、誰か「あ〜、もうこいつ大嫌い!」という感じのストレスに効果的なモーツァルトとか教えてくれる人はいないでしょうか?人生であんまり嫌いな人がいなかったので、たまにいるとどう対処していいのかわからなくて大変ストレスが溜まっちゃうんですよね…はは。
ナイスアドバイスがあったら是非教えてください。やっぱり、ディエス・イレですかねえ?
| 西野あきら | - | 21:14 | comments(3) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:14 | - | - |
コメント
はじめまして。
「ディエス・イレ」、ぴったりではないでしょうか。
あと考えられるのは「魔笛」の「夜の女王のアリア」と、
これはアーノンクール/コンセルトヘボウの演奏限定ですが
「交響曲第40番」のフィナーレとか。

オーストリアが好きで、ザルツブルクだけでも
4〜5回訪れました。ザルツカンマーグートに点在する
湖や山も美しく、本当にお勧めの場所だと思います。
続き、楽しみにしていますよ。
| schneeberg | 2006/09/18 10:42 PM |
コメントありがとうございます!
アドバイスも参考にさせていただきますね。女王のアリアはたまに河原で1オクターブくらい下げて歌ったりしていますが(笑)40番が大変気になります。
旅行に沢山行かれているのですね。おおお、羨ましい!私、海外旅行は人生においてまだ2回しか行ったことないのです。
旅行記では、この後ザルツカンマーグートの方へと移動しますが、ゆっくりと自然を見て回るコースじゃなかったのが残念です。でも、バスの中から見た景色はとっても素敵でした。
楽しみと言っていただけて嬉しいです。更新スピードももうちょっと上げていきたいと思います。年内には旅行記終わらせるよう頑張ります(遅)
| 西野 | 2006/09/19 7:25 AM |
こんばんは。
40番のフィナーレは、適当に歌詞をつけて歌うのです。
「あんなやつなーんか、キライ、キライ、キライ。
 わったっしのほうが、○○○、○○○、○○○」など。
(この歌詞、ピアノ協奏曲第1楽章の冒頭でもOK)

一昨年の秋に身体を傷めて1年3ヶ月ほど入院し、
今でもあまり歩けない状態ですが、
再来年の秋か冬からまた海外へ行ける状態になる見込み。
ザルツブルクは季節によって雰囲気がまったく違うので、
何度出かけても楽しめますね(旅行記のほうに続く)。
| schneeberg | 2006/09/19 10:01 PM |
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ